BULANな暮らし

2008年12月・・・インドネシアの片隅で一人ぼっちだったのを、パパとママに拾われ、家族の一員となったニャ。 僕は今、ジャカルタのとあるアパートで、暑いけどのんびり幸せに暮らしているニャ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

それください

毎日のように遊びに来る「小さな子」。

 

ママはその子にボクのオヤツをそっと渡すんだ。

 

ぼくは見逃さないぞ!!!

 

「それ、ボクにください!」

 

それください 

 

 

(ママ談:この小さなお友達は、まだ一歳6ヶ月。

はじめはBULANのご飯か自分のご飯か区別がつかなかったけれど、

今は自分から 「ぶりゃん、どうぞ」 って、あげています。

子供が苦手なBULANでも、オヤツの誘惑には勝てないようで・・・かお )

 

 

 ←いつもアリガトニャ!今日もポチっと協力よろしくお願いニャウインク

 

スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。