BULANな暮らし

2008年12月・・・インドネシアの片隅で一人ぼっちだったのを、パパとママに拾われ、家族の一員となったニャ。 僕は今、ジャカルタのとあるアパートで、暑いけどのんびり幸せに暮らしているニャ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ママを起こす

ママが苦情を申し入れてきたニャ。

ママ 「 誰ですか? 夜中、ママのお腹に乗ってくるのは! 」

BINです1 
BINだと思う・・・

ママ 「 特に!朝方、ママの膀胱辺りに乗ってくるのは? 」

BINです2 

それもBINだと思います。

ママ 「 寝てるママのお腹にめがけて狩りの練習で飛び掛かってくるのは? 」

BINです3 
BINだよ~ん

ママ 「 訴えてやる~! 」

知らんぷ~り~さ~~♪
知らんぷり 


( ママ談 : ママがベッドに入った頃に必ずやってくる、一匹の猫。
ママのお腹の上で、ゴ~ロゴロゴロ大音量。
これが最近は夜中に5,6回。
ぐさっとお腹に食い込むのが痛いから、
ママがお腹を守ろうと手をお腹に回そうとしたら
狩りモードでズシャー!とお腹にダイビング!

何がしたいんだ・・・
朝ご飯の請求はママの手や髪の毛に噛みつくけど・・・
それ以外は何だ?
ママを起こしたいのか!?
遊んでほしいのか!?
ママは相当寝不足です・・・

ちなみに隣で寝ているパパも被害者。
ママのお腹で一通り休んだら、パパの上を歩き、
その先にあるキャットタワーに登るのです。

なんか・・・
キャットタワー登るまでの一連の行動のが
BINTANGの中でルーティーンになっているようで、
怖いです。 )


 ←いつもアリガトニャ!みんなのポチがすっごく励みになりますウインク

いっしょに「拍手」もポチっと協力してもらえると嬉しいニャ!

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。