BULANな暮らし

2008年12月・・・インドネシアの片隅で一人ぼっちだったのを、パパとママに拾われ、家族の一員となったニャ。 僕は今、ジャカルタのとあるアパートで、暑いけどのんびり幸せに暮らしているニャ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

トラブル・その後③

ボクの心の友、チチャック。
心の友、チチャック 

ママ 「 『チチャック』はトカゲの形したぬいぐるみの名前。
最初はもっとパンパンに張ってたけど、
食いちぎられ、猫キックをくらい、綿がどんどん抜けていき、
ママの緊急オペにより、なんとか形は保っている状態。
最近、BULANはチチャックを手放しません。
ストレス、たまってるね~ 」

BINの右目から涙が止まらな~い
右目 

ママ 「 かわいそうに・・・ きっとBULANのパンチを目にくらったのね。
あなた、避けないから・・・・
そうよね、
BULANと仲良くしたいんだもんね。よしよし。 」


( ママ談 : ちょっと写真では分かりにくいのですが、昨晩から
BINTANGの右目から沢山の涙。
沢山猫パンチ食らっても、絶対逃げずに、ひたすら耐えるBINTANG。
きっとその時に受けた傷なんでしょう。
よく見たのですが、目の表面などに大きな傷などはなく、
ちょっと様子を見てみようと思います。
(これ以上病院臭は、かわいそう・・・)

BULANと仲良くしたいBINTANG。
BULANが寝てる脇に、そ~っと近寄って、添い寝しようとした瞬間に
BULANパンチくらってしまいました。
悲しそうなBINTANGの目が忘れられません。

最近、BINTANGが元気ありません。
ご飯はしっかり食べてます。
でも、目がいっつも悲しそうにして寝ています。

早く仲良くなぁ~れ! )


 ←いつもアリガトニャ!みんなのポチがすっごく励みになりますウインク

いっしょに「拍手」もポチっと協力してもらえると嬉しいニャ!

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。