BULANな暮らし

2008年12月・・・インドネシアの片隅で一人ぼっちだったのを、パパとママに拾われ、家族の一員となったニャ。 僕は今、ジャカルタのとあるアパートで、暑いけどのんびり幸せに暮らしているニャ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

トラブル・その後②

《 今朝の風景 》

まだ、嫌なあいつがいるニャ~

今朝の風景1 

首についてるやつ、いやや・・・
今朝の風景2 

今朝の風景3 

ママ 「 これ以上近づいたり、はたまた、目が合っただけで
BULANのシャー&ドシャップ(毒ツバ飛ばし!?)が炸裂します。」



( ママ談 : さて、この先、ママの独り言が長く続きますので、
お時間のある方、お付き合いいただけたら嬉しいです。

昨日の晩からは、もう、カラーをつけっぱなしにすることにしました
(傷口も舐めているようだし・・・)
BULANは臭いを嫌がってるんだから、カラー有り無しは関係ないと判断。
ちなみに術後服作ってみたけど、着せる前に猛烈拒否。
(そもそもBINTANGは普通の抱っこでさえ暴れますので)

さて、BINTANGの性格は
ノー天気で、BULAN兄ちゃんと人間が大好きで、一人ぼっちが大嫌い。

BULANのためにと思ってBINTANGを隔離すると、泣き叫び、
隔離部屋のドアにドガ~ン、ドガ~ンと体当たりして、本当に骨でも折りそうな勢い。
じゃあ、隔離部屋にママが入ると、部屋からは出ず、ママに大甘え。
(カラーがゴロゴロを大音量にするスピーカーのよう・笑)
部屋から出たいんじゃなくて、一人が嫌なのです。

ママが隔離部屋から出ると、ドアにぴったり張り付いていたBULAN。
これでは、ママをとられたとBULANがへそを曲げてもしょうがない状況。

・・・・・
ママは決めた。
BINTANG、あなたを隔離部屋に入れるのはやめます

喜んだBINTANG。
ノー天気な性格が炸裂。
なんと、プロレスごっこのつもりでBULANに背後から抱きついたのです!!!
KYもいいところ!

もちろん、BULANはマヂのケンカで応戦。
(夜中に野良猫のオス同士がケンカしてたみたいな、そう、あの状況)
仲裁した私も噛まれましたが、BULANの本気噛み、血、出ました。
その後もBINTANGは鬼ごっこと思って、BULANを追いかけてました。
これでは余計BULANを怖がらせるでないかぇ!?・・・トホホホ

そして、極めつけのBINTANGのノー天気、というか、大物ぶりは
こちらからど~ぞ →  (うなり声入ってます)

ちなみに、この時BINTANGはこのカゴに座ったばかりなので、完全寝たふり演技です。
ママはある意味感心してしまった!
そして、BULANも寝てる相手に対しては寛容なようで、
パンチが優しい・・・
いつもは目にもとまらぬバヂーン パンチですもの。

さて、隔離をやめてしまった以上、私は常に見張っていないといけなくなりました。
しばらく・・・外出できなさそう。
買い物あきらめて、デリバリーしてもらおうかな、ウフッ!←ちょっと喜んでる? 

ママの長い独り言にお付き合いいただき、ありがとうございました。 )



 ←いつもアリガトニャ!みんなのポチがすっごく励みになりますウインク

いっしょに「拍手」もポチっと協力してもらえると嬉しいニャ!

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。