BULANな暮らし

2008年12月・・・インドネシアの片隅で一人ぼっちだったのを、パパとママに拾われ、家族の一員となったニャ。 僕は今、ジャカルタのとあるアパートで、暑いけどのんびり幸せに暮らしているニャ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

BINTANGの去勢手術・Before

BINTANGはもう歳が7ヶ月。
猫界では立派な大人ニャ!

ママ 「 BINTANG、ちょっと失礼! 」

失礼1 
ママ 「 ペロンチョ 」

失礼2 

ニャにするですぅ!
失礼3 

ママはBINTANGの男具合を図っているみたいだニャ。

ママ 「 体格もすっかりBULANと同じくらいになって・・・ 」

失礼4 

ママ、なんでBINの後ろをつけるですか!?
失礼5 

ママ 「 い、いやぁ~、BINTANGのも大きくなったな~と思って。 」

・・・・・
そしてBINTANGはキャリーに入れられて
ママがどこかに連れて行ってしまったニャ。



( ママ談 : 朝から私の雰囲気が違うことにBULANだけ気づいて
ご飯を食べようとしませんでした。
こういう雰囲気を察するのはBULAN、鋭いんです。

BINTANGはいつものようにご飯を食べ、ママと遊び、
キャリーにすんなり入っていきました。
BULANは四足をパーにして入るのを拒否するのに・・・

そんなBINTANGでも、これまで車の移動が苦手なようで
外に出せ出せと暴れて、爪から血を流すくらいでしたが、
今回は慣れた?のか、じーっと鳴きもせずに大人しくうずくまってました。

さて、インドネシアでの去勢手術は病院によってずいぶんと扱いが違うようで、
BULANの手術した病院では、朝に預けて、その日の晩、もしくは翌日の朝に
引き取りにいけました。
今回は友達に聞いて評判のいい病院に行ったのですが、
まずは念書にサインを書かされ(前回はそんなものは無し)
手術日+2日預かるそうです。

日本では一般的に術後はどうなんでしょう?
やはり数日病院で様子を見るのでしょうか? 

BINTANGがいない我が家は静まり返っています。
BULANがBINTANGを鳴き探しています。
おかしいですね、数ヶ月前はこれが普通だったのに。 
なんだか元気の無いBULANといっぱい遊んであげようと思います。 )


 ←いつもアリガトニャ!みんなのポチがすっごく励みになりますウインク

いっしょに「拍手」もポチっと協力してもらえると嬉しいニャ!

スポンサーサイト

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。